HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 子どもと私

子どもと私

子どもと私

子どもと遊ぶ事は、子どもにとっても知らないことを吸収できて良い事です。

移動するのにも場所を取らないでダンボールは重宝します。

ダンボールを使った遊び方で簡単な方法は、斜面を利用した、ダンボール滑りが一番ではないでしょうか。

子どもと一緒に滑るのも良いでしょうし、1人で滑るのも良い感じです。

草で手を切ってしまわないように注意が必要ですが、草の匂いを嗅ぎならか、自然の中で遊ぶ事も時には必要です。

次に、ダンボールの底とふたを広げてそのダンボールに窓やタイヤを書けば、バスの出来上がり。

電車でも良いです。

ダンボール遊びは以外に色々あります。

めんこに使われているのもダンボールです。

お家で手軽にできるのが、ダンボール滑り台です。

ここに作り方を書いておきま。

「用意する物」

ダンボール3~4箱分・ガムテープ・カッタ―。

ダンボールを4枚張り合わせ強度をつける。

高さを決めて、ダンボールを切る。

斜辺の長さに対して三角辺を左右切る。

牛乳パックで1・2段、階段を作るとのぼりやすいです。

その他に ダンボールを小さく切ってびゅんびゅん駒。

力加減とリズム感が要求される高度な遊びです。

ダンボール紙とタコ糸を利用すれば簡単に作れます。

遊び方は簡単です。

左右のタコ糸の端をつまんで、10数回コマを回転させ、タコ糸をよくねじります。

よくねじれたらタコ糸を左右に引っ張り、コマを回転させます。

タコ糸が伸びきる前に力を緩めると、コマが逆に回転を始めタコ糸がねじれます。

左右に引っ張るとまた回転します。これをタイミング良く繰り返せば、びゅんびゅんという音とともに勢いよく回転を続けます。

今度は、ビー玉迷路。

ダンボール箱で迷路が作れます。

作る時には、ある程度迷路の設計図を考えてダンボール箱に書いた方が、比較的簡単に出来あがります。

落とし穴を作ったりジャンプ台を作ったりと、限られたダンボール箱の中で作る楽しみもあり、出来上がった迷路では、解く頭と、手先を操作する器用さの両方が鍛えられる遊びです。

スタートの穴からビー玉を入れて、落とし穴を避けながらゴールを目指します。

落とし穴があって細くなっている道は、壁もうまく利用してビー玉を転がしましょう。

慣れてきたら、親子で時間を競ったり、ビー玉を2個にして遊んだり、ゴールからスタートに戻ったりすると飽きずに遊べます。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います