HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 仕送りと現金

仕送りと現金

子供の一人暮らしなどの支えになるようにと、仕送りを考える親というのは居ると思うのですが、子供のために何を送ろうかと悩みながら、ダンボールに何かしらのものを詰め込んでいく事になるでしょう。

ですがそういった仕送りは、ダンボールの中にそれら荷物を詰め込むばかりのものではありません。

現金などを送って、生活の足しにして貰う場合もあると思いますので、それらの方法などもよく確認しておくといいのではないでしょうか。

流石にダンボールの中に現金などを入れる事は無いと思いますから、もしも仕送りで現金を贈る場合には、銀行に口座を作るときに親と子供でカードを作る事が出来るものもありますので、それらを利用するといいでしょう。

これをすれば、親は態々現金を贈るために銀行に行くわけではなく、時間がある時にでもそこの口座にお金を入れておけば子供が好きなときに取りだす事が出来ると思います。

勿論、それらばかりでは実際のものを仕送りにして贈るわけでは無いと思いますので、地元でしか買えないようなものを子供に贈りたいと思う場合などには、ちゃんとダンボールにものを詰めるようにしていきましょう。

それらの二つを上手く利用していく事が大切ですし、一人暮らしとなると自分だけの力では生活していく事が難しい事になると思いますので、時にはこうした親の協力が必要になる場合もあるはずです。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います