HOME >> 両親の思いがダンボールに >> ダンボールで夢を作ろう

ダンボールで夢を作ろう

ダンボールで家のシミュレーションしてみましょう。一生にそう何度もないマイホームの購入。一戸建てにするか、マンションにするか、部屋の間取りは?、キッチンは?いろいろ悩みはありますね。奥さんと話をするときも図面を書いたり、パソコンのシミュレーションソフトを使って話し合うのだと思います。我が家も、いくつかの手法で話をしたのですが、なかなかイメージが共有できなくて、もめることがしばしば。そこで立体的な模型をダンボールでつくろうということになったのです。
ダンボールの良さは、どのような形にも大きさにも加工がしやすいこと。カッターやハサミで切って貼り合わせれば簡単にできます。また、厚紙なので、少し折り込んでやれば立体的に立ち上がっていることも、やりやすさのメリットです。ダンボールで家具や壁を作って、自由に配置できます。写真や絵を適当に貼付ければ、壁の雰囲気や家具の雰囲気がわかりやすくなるので、非常に参考になります。ダンボールはスーパーなどで簡単に手に入るし、タダなので、気軽にすぐできます。工作が苦手な人もあらかじめイラストなどを切り取って貼付ければそれなりの形は切り抜くことが容易です。我が家では、工作が器用な妻にパーツの作成はお願いして、情報収集は私がパソコンでやりました。共同作業でやったので、お互いの納得いくマイホームができそうです。みなさんも、一度ダンボールでマイホームの模型を作ってみてはどうでしょう。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います