HOME >> 両親の思いがダンボールに >> ダンボールを再利用

ダンボールを再利用

ダンボールは面白いものです。どんなものにも再利用できます。もちろん、荷物を運ぶものとして再利用することもあります。田舎の実家から送られてくるダンボールは、どこかのスーパーなどで使ったものが普通でしょう。箱を開けると田舎の香りがする品々。都会に出てきて1人暮らしをする息子や娘には、とてもその心遣いが嬉しく思ったはずです。使い古しのダンボールに新聞紙、田舎から送ってくる荷物にこの二つは必須のアイテムでした。何も飾り気がなく、野暮ったいといえばそれまでだけれど、それだけに温かい心持ちになります。今はコンビニエンスストアへ行けば何でもある、都会でも田舎の名物は買えてしまう時代です。都会生れの都会育ちな世代もずいぶんと増えました。実家から届く荷物ももらったことがない人も多くなってきたと思うと、何となく寂しい気がします。
ダンボールはいい遊び道具。いろんなものに変身します。ダンボールと輪ゴム、割り箸を使って鉄砲になります。紙を丸めた玉ならならけがもしません。的はダンボールで作ったキャラクター。男の子ならきっと喜んで遊ぶはず。ダンボールとハサミ、セロテープなどを与えておけば子供は自由に遊びます。切ったり張ったりして、大人の想像では考えられないようなものを作ってしまいます。変身ベルトなど作ったらもうたいへん。ヒーローになりきりです。ここはお父さん、素直に悪役で、子供ヒーローにみごとやられちゃいましょう。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います