HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 思いがつまった箱

思いがつまった箱

思いがつまった箱

あなたが大切にしているもの、例えばトランペットや本・CDをレンタル倉庫で保管する事も可能です。

ダンボールに色々としまっていて、普段は使わないものや高く積み上げられたダンボールに、昔買ったレコードなんかも、貸し倉庫に保管する事もできます。

あまり保管に対して気を使わないのであれば屋外型のトランクルームでも良いですが、やはり、湿気や熱の事を考えたら、室内の貸し倉庫がベストです。

楽器の保管に適した空調などを配慮した業者もありますので、やはり空調とセキュリティ面を考慮し屋内型のトランクルームを選択することをお薦めします。

また、最近増えているのが、ピアノの保管場所としてトランクルームを利用する人です。

思い出があり、高級ピアノを取っておきたいと言う事から貸し倉庫を利用する例もあります。

自宅からピアノを預かり、トランクルームへ運搬し搬入を行ってくれて、保管期間中は調律やクリーニング、さらには修理などのメンテナンスまで行ってくれる業者もあります。

楽器の保管に対応する料金は、保管する対象物と管理内容で違ってきますので一般のトランクルームよりは高くなります。

また保管期間中の保障内容等も事前に確認しておくことも大切です。

図書館のようになり、部屋のスペースを使っているものとして、書籍・雑誌や、CD・DVD、また昔購入したレコード、映画・ドラマなどを録画してあるビデオテープなども結構場所を取ります。

当面、読んだり見たり聞いたりしないが、かといって捨てたり処分したりできない。

このような場合、トランクルームを利用すると便利です。

これらを保管するときに後々取り出すときのことを考えてやっておくといいのが、ダンボールの外に箱に何が入っているかメモを書いておいたり、ダンボール箱の中身を撮った写真を箱に貼っておくなどすることで迷わずに捜す事ができます。

屋内型のトランクルームには業者によって、中身を記録してくれるサービスを行っている業者もあり、本やCDなどの専用ラックを用意している業者もあります。

屋外型のトランクルームでコンテナ型の場合は、自分でラックや棚を置くことができるので、自分が使いやすいようにレイアウトして保管できます。

ただ、外気の影響によりコンテナ内部に熱がこもったり結露をする場合も考えられますので、本やCDが痛んでしまう可能性も考えられます。

その点も考慮し、カビや結露に対する対策もしておくことが大切です。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います