HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 思いを詰める(1)

思いを詰める(1)

子供たちを思う親の気持ちはどこの国でも、いつの時代でも同じです。

子供たちの持つものは、子供がとても小さい時には、親が選択したものです。

そうした商品をダンボールの箱に詰める行為は、親の子供に対する思いを詰めるものです。

子供が成長するにつれ、様々なことを自分で行えるようになります。

様々な商品を選択し、自分でダンボールの箱に梱包するようになるでしょう。

しかし、たとえ、そうなっても、その子供に何か物を送るとき、親はダンボールの箱のなかに自分の思いを詰めるものです。

単に子供から要求のあったものを送るときにも、その箱に思いをこめた手紙を偲ばせることでしょう。

ダンボールに子供のおもちゃを整理するとき、子供と一緒にその作業をするとき、そのおもちゃの変化から子供の成長を改めて感じることもあるでしょう。

ただのひとつのダンボールの箱から子供に対する様々な思いを思い返すこともできるのです。

たったひとつの箱から広がる子どもへの思い、そんなこともきっとあるでしょう。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います