HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 加工しやすさ

加工しやすさ

ダンボールは紙でできていること、ある程度の固さを持っていることから、非常に加工しやすい素材でもあります。

最近の家電商品の梱包を見たことがある人なら、梱包しているダンボールの箱の内部が非常に緻密に仕切られたり、加工されたりしているのを見たことがあるでしょう。

これはコンピュータの発達によって、キャドでダンボールの仕切りを設計し、それをカッターに直結して、直接、ダンボールを加工できるようになったことが大きな影響を与えています。

キャドによる設計で非常に緻密な加工ができるようになったのです。

そのことから梱包に利用する箱の大きさをとても小さくしたり、あるいは箱の大きさを統一してコスト削減を図るといったことが可能になったのです。

ダンボールの中で精巧に組まれたダンボールは、機能を突き詰めた美しさを持っているといっても言い過ぎではないでしょう。

ダンボールは木や、まして鉄などより、はるかに加工しやすいものです。

例えば、子供の大好きなキャンディー類をプレゼントしようと思って買いに行くと、伝統的な鉄の容器はどれも同じような形状をしていることがわかります。

しかし、ダンボールで作られた箱はまさに千差万別です。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います