HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 丈夫さ

丈夫さ

子供は力が弱くても、物を扱う時に細心の注意を払ったりはしないものです。

それだけに子供に与える箱は丈夫なものでなければなりません。

その点でもダンボールは優れた素材です。

ダンボールの構造は、中芯を波型に成型し、その中芯を保持するためにライナーと呼ばれるものを貼り合わせた構造になっています。

さらに中芯の波型をフルートと呼びます。

フルートの形状や厚みによって、同じダンボールでも、違いを持たせることができるのです。

ダンボールは、この独特の形状によって、軽量なのに、構造体としての強さを持ち、衝撃吸収力にも優れているのです。

またライナーや中芯の素材によってもその強度は変わってきます。

現在では、ダンボールは古くなっても再利用できるエコロジカルでリサイクル性にも優れた素材ですが、この古紙とバージンパルプの配合比率によって、強度も違ってくるのです。

一般には、古紙が多く含まれているほど、強度は弱くなる傾向があります。

このようにダンボールはその強度にもバリエーションをつけることができます。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います