HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 運ぶのに最適なのは(2)

運ぶのに最適なのは(2)

ダンボールには加工がしやすいという特性もあります。

そのためにダンボールには、最もポピュラーなミカン箱型の形状の他にも、様々な形状のものがあります。

その中には、持ちやすさというものを十分に考慮してデザインされたものもあります。

子供用のおもちゃ箱でも、ひっぱりやすく、ひもをつけたり、子供でも持ち上げられるように、フラップをつけてあるものなども見受けられます。

そうした工夫をすることによって、手で支えにくい四角い箱が子供でも持ち上げられるようなおもちゃ箱としての特性を備えるようにすることも可能なのです。

こうしたことは、ダンボールだからこそできるといってもよいでしょう。

木箱の場合には、入念に加工されていない安価な箱の場合、手にとげが刺さるといった事故が起こることもありました。

しかし、少なくとも、ダンボールの場合には、そうした事故は起こりようがありません。

ダンボールは安全面でも非常に優れているということができるでしょう。

だからこそ、ダンボールは子供が扱う商品にも利用されるのです。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います