HOME >> 両親の思いがダンボールに >> いれて運ぶ(1)

いれて運ぶ(1)

物を収納し、そのまま置いておくのではなく、それを運ばなければならないという場合、最も使い勝手の良い素材は、ダンボールの箱と言うことになるでしょう。

昔は搬送のためには木箱がよく利用されていました。

木箱の場合には、頑丈ですが、ふたを閉めたり、組み立てたりするのに、釘を利用しなければならず、いったん組みたてたら、それを分解するのも大変でした。

そのため、箱自体を収納するのにも場所が必要だったのです。

子供のおもちゃなどを入れる箱も、昔は木を利用したものが多かったようです。

しかし、木箱では、子供の力で移動させることが難しく、こけて箱で頭を打ったりすると、固い木箱ではひどいけがになる場合もありました。

しかし、ダンボールの箱が普及して、子供部屋でも多用されるようになると、そうした心配はかなり軽減されたといえるでしょう。

子供のおもちゃなどを入れる箱は、そのまま置いておくのではなく、あちこちに運ぶと考えるのが自然でしょう。

そのような場合、最も適しているのがダンボールと言うことになるでしょう。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います