HOME >> 両親の思いがダンボールに >> 本をしまう

本をしまう

ダンボールに子供たちのための大切な本をしまいましょう。

子供が小さなうちは何でも放りこめるダンボールの箱でマイ箱を作ってあげると子供たちも喜びます。

整理整頓は小さなときからのしつけがとても大事だけれど、その第1歩が、自分のものを片付ける場所を作ること。

ほんの幼い時からでもそんなしつけはできるのです。

まず自分が大好きな本がどこにあるかを子供に知らせます。

それが自分の大好きなものが入っているマイ箱。

ダンボールなら、軽いし、扱いも楽、素材も柔らかいのでけがの心配もありません。

そこに、自分の本だけをいれる本箱を作るのです。

そうすることで、子供はだんだんと整理することを学びます。

いくつかのマイ箱を用意して、使い分けるようにします。

すると不思議なことに子供は誰からも教えられなくても、本は本、その他のものはその他のものと自分で整理し始めます。

本の並べ方などにもこだわりを持ってきたら、しめたもの。

こんなふうにしておけば、いつも部屋は散らかりっぱなしということはいつしかなくなります。


両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います