HOME >>

両親の思いがダンボールにへようこそ!

当サイトへアクセスしていただき、ありがとうございます。

両親の思いがダンボールに

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います。

実家から離れてみてみると、ダンボールで送られてくる食材や、引越しの荷造りの思い出、そして実家にしまってある数々の思い出、いろいろな思いとダンボールがリンクしてしまいます。

もちろんダンボールに入る物ばかりではないと思います。

しかし、そのダンボール箱の模様やシミ、そして内容物をメモのように書き連ねた文字、すべてがいとおしく大切なのです。

箱を手に取ると、両親の手のぬくもりを感じることが出来るのです。

手にとってその温かみを感じることが出来る懐かしいものたちは宝物であったりもするのです。

そんな思い出に残っている写真やオモチャ・服などを、湿気が多いところで保管をしてカビたりしたらと思うととても悲しいです。

庭先の物置にそのまま入れておいたりしたら、たちまち湿気にヤラレテしまいます。

そんな状況にならないためにも、ダンボールではなく貸し倉庫などを有効に活用する方法も考えてみても良いかもしれません。

大げさかもしれませんが、少なくても私にとってはそれはそれ相応の価値のある荷物なのですから。

野外でコンテナ式の貸し倉庫もありますが、大切な品物は湿度や温度がしっかり管理されている、室内の貸し倉庫もあります。

このサイトでは、そんな経験からあなたの思い出の品物を保管する方法やダンボールの使い方に役に立てればと、知識を整理して書いています。

また、ダンボールを効率的に輸送する為のコンテナの進化など、深く考えることで判ってきた新しいこともお話しています。

一般的には知られていないダンボールの秘密を知って頂き、思い出の品物を大切に保管出来れば幸いです。

どうぞ最後までユックリとお読みください。

両親の思いがダンボールに記事一覧

両親の思いがダンボールに

両親の思いがダンボールに

当HPについて

両親の思いがダンボールには情報収集にお役立てください。

いままで大切にあたなを育ててくれた両親の思いは色々あると思います